室内と屋外で異なる

テレビアンテナというとベランダや屋根の上に取り付けられているものというイメージを持っている人が多いでしょう。しかしテレビアンテナには屋外タイプだけでなく室内でも使用できるアンテナもあります。屋外のほうが基本的には受信しやすいという特徴がありますが、外観が気になる人にとっては室内のほうが気にせず生活することができます。室内用のアンテナをベランダに設置する人もいます。

 

屋外用は昔からある八木アンテナという魚の骨の様な形をしているものが一般的です。この対応であれば2000円から7000円程度で販売されていることが多いです。屋外でもアンテナが見えるのがいやという人にはボックス型のデザインアンテナがおすすめです。
費用的には5000円から1万円程度で購入することができます。好みになりますが、どちらも設置費用を支払って専門業者にアンテナ工事の依頼を行うのがおすすめです。

 

これに対して屋内アンテナは、2000円前後から5000以内で阪大されていることが多いです。おくだけなので自分で簡単に設置することができます。またテレビの映りが良くないと感じたときには、簡単に自分で方向を変えることができます。しかし必ず受信できるとは限りません。特に鉄筋で作られている場合は室内で電波が乱反射してしまうためうまく受信できるとは限りません。

アンテナ代の平均

地デジ化に伴い、テレビの購入をしたという人は多いのでないでしょうか。テレビを購入するとデジタル放送が見られると思っている人も多いですが、最も肝心なものがアンテナの購入です。デジタル放送を自宅で見るためにはUHFアンテナを使用しなくては受信することができません。そのためアンテナを新しく購入して設置する必要があります。特に一戸建ての家庭では自分ですべての手続きを行わなければいけません。

 

今まで当たり前のように見ることができたテレビを同じように楽しむためにもアンテナは必須です。アンテナも昔とは異なり、デザインやカラーなども選べるようになりました。デザインアンテナともいわれ、今までのアンテナのイメージを大きく変えるものとなっています。それとは反対に昔からある魚の骨のような形をしたアンテナもあります。デザインアンテナの平均価格が1万円前後に比べ、昔からあるアンテナタイプは5000円ぐらいから販売されています。どちらも外部に取り付ける物なので、防水対策がしっかりとられているものを選びましょう。安く購入したとしても、実際使用してうまく映らないすぐにダメになってしまうとまたアンテナと設置費用を支払わなければいけません。ある程度の費用をかけてでも信頼できるアンテナを設置するようにしましょう。

地デジアンテナの費用

2011年の7月から岩手、宮城、福島の3件を除く地域でデジタル放送に移行し始めました。その後2012年の3月には東北3県もデジタル放送化へと変わり、日本のおおよその場所で、デジタル放送化されるようになりました。ただし山林に囲まれた地域など一部ではデジタル放送の電波が困難な地域があり、デジタル化に移行した後でも思うように受信できない状態でした。それも2015年春には改善され、完全にデジタル化へと切り替わりました。

 

デジタル化になるにあたり、何をしたらいいのかと迷って人も多いでしょう。そのままでも大丈夫なのか、何を購入しなくてはいけないのかなどいろんな問題点が生まれました。なかでも地デジアンテナは多くの家庭で導入したアイテムではないでしょうか。テレビのアンテナというと魚の骨のような形をしているものを思い浮かべるでしょう。その形はアナログでも地デジでも変わりませんただし受信する電波が異なるため、購入しなくてはいけません。手軽なものであれば3000円前後で購入することができますが、見た目などにこだわって選ぶ人は1万円前後の商品もあります。

 

特に新築の家庭ではこだわって購入した家の外観にアンテナが見えるのは嫌だという意見もあります。そう言った人にはボックス型で壁に取り付けるようなデザインアンテナもあります。色目白系から茶色や黒といった濃い色目もあるため、目立ちにくくなっています。アンテナ本体だけでなく、各家庭の電波状態によってほかにも必要なものがある可能性もあります。